• ホーム
  • カロリーを消費できるダイエットに効果的な運動法とは?

カロリーを消費できるダイエットに効果的な運動法とは?

夏になると露出が増えますし、体型が気になり始めるという人も多いでしょう。そのためダイエットを始めるという人もいるかもしれません。ダイエットではカロリー消費がポイントとなるため、効果的な運動法を実践することが大切です。また、短期間では効果が実感できないかもしれませんが、毎日継続することで少しずつ変化を実感できます。

運動法には大きく分けて有酸素運動と無酸素運動という2つのものがあります。有酸素運動とはウォーキングやランニングなどのことであり、体内に酸素を取り入れながら行う方法です。そして、無酸素運動とは筋トレなど酸素を取り入れずに行う方法であり、短時間で強い負荷をかけることで筋肉量を増やすことに繋がります。

有酸素運動は初心者でも簡単に行うことができますし、脂肪燃焼効果が期待できます。しかし、ダイエットを成功させて太りにくい体質に改善したいという場合、有酸素運動だけでなく無酸素運動も行うことがポイントです。筋トレによって筋肉量が増えれば基礎代謝もアップしますし、有酸素運動の効果も高まるということです。

まずは1時間程度筋トレを行ってから有酸素運動を30分以上行うようにしましょう。体が温まっていないのに有酸素運動をしてもなかなか効果は出ません。筋トレをして血行を高めておくことにより、その後の運動の効果もアップするということです。ちなみに、基礎代謝がアップすると日常的な動作の消費カロリーも自然に増えますし、痩せやすい体質に変わっていきます。

カロリー消費のためにジムに通ったり、有酸素運動をしている人も多いでしょう。ランニングは30分程度続けてから脂肪燃焼が始まると言われています。そのためしっかりと痩せるためには1時間程度走ることがポイントです。ウォーキングの場合はランニングよりも運動量が少ないため、1~2時間程度続けるのがおすすめです。

ジムに通って運動をする場合、まずは怪我を防ぐためにも準備運動をすることが大切です。次に1時間程度筋トレをしていきましょう。筋トレでは胸筋や背筋、脚など大きな筋肉を中心に鍛えることがポイントです。そうすることで全身の筋肉量が増えますし、基礎代謝のアップに繋がるでしょう。

次にランニングマシンやバイクなどで有酸素運動を行っていきます。筋トレと有酸素運動をバランスよく取り入れることにより、痩せやすい体質を作ることができます。痩せるためにはある程度の期間がかかりますが、ダイエット成功のためには諦めずに継続していきましょう。